TPOまとめブログ ☆ テクノポップとシンセサイザー ☆
25年の時を経て今蘇るTPO、2009年~は「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOのCD再発祭り! テクノポップマニア必見情報をお送りします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GREEN制作うらばなし
RIMG3142a.jpg
1981年に数枚しかプレスされなかった、貴重なGREENのアナログテスト盤。トリオレコード製。
ジャケットもない、いわゆる白盤です。今回のCDは、まさにこの盤から起こして作られました。

この項SQUAREファンにおすすめ!
たびたび話に出ているように、発売まで28年間掛かったGREENですが、完成にこぎつけるまでは色々な話があります。

特に今回、28年前にリリコンでソロを取って頂いたT-SQUAREの伊東たけしさんに、果たしてリリースをご承諾頂けるのか・・・と言うのは、一番大きな問題でした。
この作品が作られたことすら、おそらく事務所もレコード会社も知っている人はいないかも知れない、ご本人も覚えておられるかどうか・・・と言う中で、GREENの制作ははじまったのです。


伊東さんの所属事務所、ヴィレッジミュージックにはじめて連絡をしたのは、もう半年近く前の3月4日、
電話に出られた方もあまりに昔のことに絶句、「28年前!おそらく社長の青木しかわからないと思います・・」と言う事で、ほどなく直接青木さんとお話させて頂き、当時のアナログ盤もお聴き頂き、
(青木さんも「ト、トリオレコード!?」と絶句 )、

本間柑治が81年、ソニー信濃町スタジオで伊東さんとお会いし、制作のことなど色々お話したこと、できあがった白盤すらお届けできなかったこと・・・、色々なことを私から青木社長にお話させて頂きました。

すると青木さんから「これは一聴して素晴らしい作品だとすぐにわかりました。是非がんばって売ってください!」と大変有難いお言葉を頂き、無事GREENのリリースに向けて準備が進められることとなったのです。
また「伊東も覚えてましたよ。はじめはわからない様子だったけど、曲を聴くにつれて、「あ~あ~思い出した」と言ってましたよ。」と、本当に嬉しいお言葉を頂きました。

ヴィレッジは元ソニーレコード録音本部長の伊藤八十八さんのスタジオもある事務所なので、音へのこだわりも業界随一。クオリティ的にも最高のものに仕上げて、伊東さんにお聴かせしなければなりません。

RIMG2389a.jpg

サイデラの小野さんにアナログ盤をお届けした時「小野さんて伊東たけしさんとお付き合いありますか?」と伺ったところ「仲いいよ。ほら僕S・P・O・R・T・Sのエンジニアやったでしょ、それで安藤さんがデモ作る時も機材のこととか色々やってて・・安藤さんとも仲いいし、青木さんも知ってるよ!」とのこと。
これはもう絶対伊東さんにも試聴会に来て頂くしかない、一緒に安藤さんも呼んで、小野さんをびっくりさせよう!と思ったのでした。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

そして2009年6月24日、10時。試聴会当日、瀧のような大雨、
スタジオに着いた本間、管理人、吉田D、その後なかなか人が来ません。
伊東さんどころか、天野さんまで来ないw
当日ドタキャンなら電話が入ると思うけど・・と待つことン分、やはり大渋滞だったようで何とか天野さんが到着しました。
そしてかなり時間が経ち、「やっぱ無理だったのかな・゜・(ノД`)・゜・ 」とそろそろ諦め、もうメンバーのみではじめよう、と思ったその時!

「あのー」とスタジオにまったく知らない方が来訪、しかもかなり若い!
「伊東はまだ来てませんかね、先に来ると言ってましたが」その方がなんと青木さんだったのです。

「お待ちしてましたー!私大学時代「うち水にRainbow」が大好きで!昨日は夜中3時までひとりSQUARE祭りですよ!」と早速挨拶。
「何この人(;゚ Д゚) …?!」と引かれまくりでしたがw その後しばらく「伊東今日自転車で来てるのかな~」と話しながら、30年前の話題で色々と雑談。
(ちなみに安藤さんは今日別の予定で来られなかったとのこと、ザンネン)

「青木さんはデビューからご担当だったんですか?」
「いや、デビュー前から。高田馬場のBIGBOXのビクター・ミュージック・プラザのステージのブッキングを僕がやってて、そこに彼らが出て、それで知り合って・・・」など、とてつもないお宝話を色々伺っていたところ・・・ほどなく伊東さん到着!

RIMG2484a.jpg
GREENプロデューサー、本間柑治と伊東たけしさん

ほんとに来てくれた!どれだけ嬉しかったことか・゜・(ノД`)・゜・
ここまでの色々な苦労が溶けて行き、「大学時代あのアルバムのおかげでどんなに楽しく過ごせたことか、素晴らしい音楽があるだけで、どれだけその時間が充実した楽しい時間になるかを、すごくあのアルバムで体感しました、超リスペクトです~!!」と伝えると、本当に嬉しそうで、私も堅い握手を交わして、いやーほんとにピュアで素敵な方でした!!!

そしてファッションが超おしゃれ。持っていたバックがまたほんとに可愛くて、女子的にはすごく欲しい!と思ってしまったほど。どこに売っているのでしょう?
そしてこの日、念願だったテスト盤アナログもお渡しできて(その時は「おお~」とかなり盛り上がりました)「やっと28年ぶりにお渡しできた」と感慨深かったです。

RIMG2440c.jpg
伊東さんの横にあるのが、GREENのお渡ししたアナログ盤。

ちなみに私は伊東さんの右隣の席で試聴させて頂き、緊張と、また伊東さんの邪魔になってはいけないと言う気持ちで、隣でありつつ少し離れて座り、頭の中は真っ白になりつつ、只一度の試聴のチェックと、「大学時代の自分にこの瞬間を知らせてやりたいー!」と言う気持ちと錯綜しつつ、本当に幸せな時間を過ごしました。

この日、事前に「おそらくメンバーと伊東さんが揃う唯一の機会となるので、伊東さんの撮影をさせて頂きたい」と事務所にお願いはしていたのですが、色々と制約があることも予想していました。
しかし集合写真などもかなり沢山のショットを快く撮らせて頂き、ヴィレッジミュージック様には、本当に感謝しております。

前も書いたのですが、撮影中もそれ以外の時間も、本当に伊東さんの姿があまりにフォトジェニックで、被写体として非常に素晴らしいたたずまいなのが印象的でした。
本当にピュアで、すれたところが全然なく、晴れた空、澄んだ水のようなオーラを感じさせるクリアな空気感の持ち主で、汚れた部分がまったくない。こんなにいい歳の取り方をしているこの年代の男の人なんて、なかなかいないのではないだろうか、と驚愕させられました。

良い音楽にどっぷり浸かって何十年も過ごすと、こんなピースフルな人になるんだなー、と感動しましたね。特別な存在の方なんだな、とあらためて感じました。

伊東さんになんと「前、会ったことあるよね?」と聴かれてしまい「いや、ないですけど私いろんな人に似てるらしく、色んなひとにそう言われます!」と答えたら、「いや、顔じゃなくてそのノリが・・」と言われw
これは後から考えたんですけど、私のノリが80年代フュージョンファンのノリだからですよ、伊東さん!(・∀・)人(・∀・)と思ってしまったのでした。

この日は制作の最終局面だったのですが、伊東さんに来て頂けたおかげで華やかな良い場ができ、試聴会も素晴らしい仕上がりが確認でき、これで安心して世にこのアルバムを送り出せるな、としみじみしました。

RIMG2542a.jpg

その後本間さんと伊東さんは機材の話で盛り上がっていました。早速小野さんとも次回会う約束をしていたようです。
そんな光景を見ると、今日、今、やっと28年の時の流れを越えたんだな~、と嬉しくなりました。

最後に私も伊東さんと固い握手をして別れ(握手はもちろんヤンキー握手w(腕相撲の組み手ね))
フュージョンファンの握手は熱いぜ!そしていつでもフュージョンマニアはピースフル!と忘れていた80年代の空気を思い出しました。
あの頃、ほんと日本のフュージョンが最高に面白かった時代でした。

ほんとに音楽ほど、その時の空気を思い出させてくれるものってないですね。

GREENの制作に責任を持ちつつ、ミーハー心が抑えられない、最高の一日でした。
安藤さんがいらっしゃらなかったのはザンネンですが、その分この日は伊東萌えに徹することができましたw

外に出たら、雨上がりの抜けるような初夏の空が広がっていました。

本当にお忙しいところいらしてくださった伊東たけしさん、今回快くご協力頂けたヴィレッジの青木さん、ありがとうございました!

このアルバムの伊東さんのリリコンプレイは大変素晴らしいので、ぜひファンの方々皆様に広く聴いて頂けたらと思います。
歴史的にも貴重な お宝大名盤 ですので、どうぞよろしくお願いします。


GREEN試聴はこちら
ここでGREEN関係のエントリがまとめて読めます。



2009/8/15発売決定!予約受付中


ちょっと油断するとガンガン落ちちゃうFC2ランキング、
今日も1クリック、お願いします!


ブログ村 テクノ・エレクトロニカ部門、第1位になりました!
こちらも応援クリック、引き続きよろしくお願いします!
にほんブログ村 音楽ブログ テクノ・エレクトロニカへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:お薦めテクノ レコード&CD - ジャンル:音楽

コメント
コメント
ファッショナブル
こんばんは。
今、私が知りたいのがフォトのニット帽のブランド。クロムハーツじゃないみたいです。
髪を後ろで括ったの、フミヤより伊東さんが先でしたから、ファッションのアンテナ感度がとても高い方ですね。
それにしても、隣に同席とは羨ましい限り。
'80年代フュージョン・ファンのノリにウケまくりです。
ではでは。。。
2009/09/09(水) 00:16:17 | URL | himebow #CpR.OXBQ [ 編集 ]
ニット帽
ほんとにお返事遅くなっちゃってごめんなさい。
あれニット帽なんだ、私スカーフを巻き込んだのかと思ってた。
この日、現れた時から「このスタイリングは自分でやってるんだろうか?確かに今日撮影があるとは伝えたが・・全て自分で選んでいるんなら、なんてお洒落な人だろう!」と驚愕しました。

伊東さんて確かモデルとしてもランウェイを何度か踏んでますよね、
ほんとファッショニスタだと思います。

隣で試聴できたのは、おそらく生涯一度限りのご褒美でしょうね。
こういう仕事を長く続けて来たボーナスのようなものだと思いました。

当日、伊東さんと写真を撮らなかったんです。テキトーな格好して来たし・・・
あーバカバカバカ、気合入れてお洒落して写真撮れば良かった。
最大の後悔かも。

あと鮎のTVの時もヤンキー握手してくれてたので、「あれあたしの影響?」とか思っちゃった。いつもやってたかもしれませんが。

それで44枚組5万円の再発、

あたし予約しちゃいましたよ。でも到達率4%・・・だめそうですね・゜・(ノД`)・゜・
つーか5万まだ用意してないんだけど(爆)


2008年に完全予約生産限定で発売をした44枚組(CD 43枚+DVD 1枚)の豪華BOXセット
大好評・多数のリクエストにお応えして、本日10月1日よりアンコールプレスの予約をスタート!!
33枚のオリジナルアルバム、9枚の企画アルバムに加え、
1977年のデビュー前レアライブ音源、1987年の大ブレーク直前のライブ映像を一つに!

Sony Music Shop(http://www.sonymusicshop.jp)内
「オーダーメイドファクトリー」限定で予約を受付!!

詳しくはコチラ 
http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=VRCL-3050
2009/10/07(水) 18:06:26 | URL | TPOまとめブログ管理人 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tpo2009.blog56.fc2.com/tb.php/61-4c1f992f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。