TPOまとめブログ ☆ テクノポップとシンセサイザー ☆
25年の時を経て今蘇るTPO、2009年~は「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOのCD再発祭り! テクノポップマニア必見情報をお送りします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Obento全曲解説 / 8,Miyajima
☆DS i Love You アーティスト情報まとめはこちら

Obento / DS i Love You (2010.11.10 iTunes on Sale!)
☆全曲ダイジェスト試聴 ★アルバム「Obento」情報まとめ
8) Miyajima は 5:29-6:02 で試聴できます。
iTunesで試聴・購入


☆Bubblin' Gobblin' 楽曲解説

みなさんおはようございます。
今日は8曲目のMiyajimaの楽曲解説をしますね。

「おしゃもじ」を意味するこの曲、このアルバムの中で唯一和風テクノです。
しかもラウンジ風味も・・・「和風ラウンジテクノ」と言う新しいジャンルを開拓した曲かも。

実はこの曲は、小沢健二東京公演NHKホールに行った時、「シッカショ節」と言う小沢君の新曲を聴いて、インスパイアされて作った曲なのです。
「ああいう和風盆踊りみたいな曲がもう一曲あったらどうすか」と言う関係者の声から出来上がった曲です。

「和風盆踊り・・・どんなのができるんだ(汗)」と思い待っていたのですが、やっぱりDSの特質もあって、クールで上品な曲に仕上がりました。
なんか、日本海を船が航行して行くようにも聴こえますが。
中間部の笛のようなポルタメントが掛かった音が出てくる部分が音楽的にも面白く、YMOファンの皆様にも楽しんで頂けると思います。

リズムトラックの音の中域が太くてボトムのしっかりした音作りがなされています。
上に乗っている音も、イントロ後に出てくるメインメロなど、けっこう太い音で、音作りにも小技が効いていますが、やはり曲やアレンジにまずしっかりした方向性があって、その上での音作りなのだと言う事が、この曲のトラックを聴いているとよくわかります。

最後まで聞くと「なんだかんだ言ってもテクノだなぁ」と思わされる曲。終り方もテクノ的ですね。
終り方と言えば、Obentoの曲は全曲、手で止めています。なので録音ごとに少しずつニュアンスが変わるんです。もしライブをやるとしたら、手で止めなければもう一周回ってしまうので大変なのです。


☆Ustホワイトリスト多数有ります。
 無償でUstのBGMとして使用できます。詳細はこちらをご覧下さい。
 
スポンサーサイト

テーマ:DS-10 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tpo2009.blog56.fc2.com/tb.php/145-570a2616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。