TPOまとめブログ ☆ テクノポップとシンセサイザー ☆
25年の時を経て今蘇るTPO、2009年~は「日本のアート・オブ・ノイズ」TPOのCD再発祭り! テクノポップマニア必見情報をお送りします
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80年代芸能界のすごい裏側!「世界は俺が回してる 」
世界は俺が回してる世界は俺が回してる
(2009/12/18)
なかにし 礼

商品詳細を見る
↑こちらは書籍。黎明期のテレビ業界に身を投じた一人の男。のちに世界の音楽業界を巻き込んだ大イベント「東京音楽祭」をとり仕切った、不世出のプロデューサーの破天荒な生涯を通し、スターに彩られた昭和の黄金期を描く長編小説。




世界は俺が回してる世界は俺が回してる
(2009/12/23)
なかにし礼ジョージ・ガーシュウィン

商品詳細を見る

↑こちらはCD。小説のサントラ!?
昭和の歌謡曲全盛期をともに駆け抜けた元TBSのプロデューサー・渡辺正文さんをモデルになかにし礼が書いた最新小説のインスパイアード・アルバム。



このブログをご覧になっている皆様は、「TBSのギョロナベさん」と呼ばれた人物をご存知でしょうか?
そう、この本は昭和の時代日本の芸能界を牛耳り、とてつもない権力を歌謡界で持ち、あの「東京音楽祭」を成功させた元TBSの音楽プロデューサー、渡辺正文さんのお話なのです。

東京音楽祭と言えば、TPOがフロントアクトを努めた音楽祭です。
TPOはとてもライブが少ないのですが、その数少ないライブの中でもっとも重要なのが、この東京音楽祭のライブと言えるのではないでしょうか、
去年のタワレコのTPOのサイン会にいらした方は、その時の貴重な映像をご覧頂けたかと思います。

そのTPOが出演した東京音楽祭の裏側が、どんなに絢爛豪華で、滅茶苦茶で、湯水のような金が使われていて、およそ今からでは想像も付かないようなとんでもないバブル具合なのか・・・
この本にはその裏側があますところなく描かれています。私も噂は色々聞いていましたが、読んでみてびっくりしました。業界のドロドロが好きな方にはおすすめですが、そんな方でもかなり驚かれる内容かと思います。

はっきり言って、とんでもない本です。
安西さんのブログでも紹介されているので、見てみてくださいネ。

読み終わったら、TPO1のスタッフクレジットと照らし合わせて頂くと、色々感慨深いかと思います・・・

さてのちほど詳しくお知らせしますが、来る3/25(木)渋谷でTPOのイベントがあります。
もしかしたら、そこでまた東京音楽祭関連の話もレアトークで出るかも知れませんね。
映像も見たいな~、皆さん是非遊びに来てくださいネ。






「TPO1」情報まとめはこちら
「小山田圭吾の中目黒ラジオ」エンディングテーマ
sundog 収録アルバム。
ほとんどがフェアライトCMIで作られた驚異のクオリティ、
日本テクノ界最大の謎が今はじめてあかされる。
アマゾンインディーチャート2位獲得!




「GREEN」情報まとめはこちら
TPO結成前の前段階ユニット
「PROJECT GREEN」
28年眠り続けていた
アナログシンセによるラウンジの大名盤、
2009/8/15に発売。
アマゾンインディーチャート5位獲得!

アナログからデジタルに変わる一瞬の時期、
MIDIができる以前の打ち込みでのこのスタイルは
世界的にもほとんど例を見ない作品。
これがdsilyのルーツ、
シンセマニアは必聴です!



blogramテクノランキング1位獲得。同時にシンセランキングで3位獲得!
blogramよりカテゴリマイスターに認定されました。

blogram投票ボタン

おかげさまでFC2でもテクノ・エレクトロニカ ランキング1位を獲得!


ブログ村 テクノ・エレクトロニカ部門も第1位獲得!
にほんブログ村 音楽ブログ テクノ・エレクトロニカへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://tpo2009.blog56.fc2.com/tb.php/116-14cd9eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。